レーザーに頼らずに、化粧品の成分でシミを消したい!

意味がある方法でケアしたい!

ニキビ跡や紫外線など、いろんな原因でシミは増えますよね。すでにできたシミはターンオーバーで薄くなりますが、目立たなくなる前に新しいシミが出来てうんざりすることも。でも、高額なエステサロンのフェイシャルコースや、美容皮膚科のレーザーで治療する余裕がない…、という人におすすめなのが美白化粧品です。美白をコンセプトにした化粧品には、美白有効成分と呼ばれるものが配合されています。美白有効成分は、厚労省がしみ対策に効果があると正式に認めた成分なので、気休めではなくてちゃんと意味があるものばかりなんですよ。プラセンタやビタミンC誘導体がこれに当てはまります。どの成分も、メラニン色素が増えないように抑える力を持っています。普段から美白化粧品でお手入れをすることで、徐々にシミが薄くなっていくんです。

成分表を確認したものの…

美白有効成分の主な役目は、肌が必要以上にメラニン色素を作らないようにすることと、出来てしまったメラニン色素を確実に排出することと言われています。それから、メラニンを還元することも大事な役目ですよね。ビタミンC誘導体はこれらの美白効果に加えて、美肌作りに欠かせない様々な効果があるので、よく化粧品に配合されています。でも、成分表を確認しても、ビタミンC誘導体という言葉を見つけることが出来なかった…という人も多いのでは?実はビタミンC誘導体にも沢山の種類があります。リン酸アスコルビルMgなどの成分名で表示されているので、よく確認してくださいね。

品川美容外科の裁判について詳しく